外資系証券の先物手口から今後の動向を探る方法

  • 2015/12/27

相場を主導・牽引している大口の海外投資家達と言うのは、

買いポジションを決済する前に、売りポジションを必ず持ちます。

 

なので、この外資系証券会社の先物手口情報から、そのポジションを追いかけていれば、この先

大きく下がる可能性が高いと今後の予測する事が出来ます。

 

例えば、2015年 12/4から始まった今回の暴落も事前に、その動向がしっかり出ています。

具体的にどういう事なのかを説明してみましょう。

 

これはある有名外資系証券の先物手口動向を時系列で表したものですが、最初に言いましたが、

「相場を主導・牽引している大口の海外投資家達と言うのは、

 買いポジションを決済する前に売りポジションを必ず持ちます。」

 

下記の時系列を見て下さい。

12/3と12/4の部分にこの動向を読みとることが出来ます。

12/4に急激に「売り」が前日の1,140から4,747に跳ね上がっています。

12/8の21,475のピークまで「売り」どんどん大きくなり、その後、急激に下がって

来ますが、まだまだ「売り」が「買い」を大きく上回っているのがわかります。

 

○○○○○○○○ス証券 先物手口動向

日経225先物 12月限

日付 売り 買い 日経平均株価終値
11/27 627 1,670 19,884
11/30 776 3,712 19,747
12/1 1,106 9,319 20,012
12/2 1,347 3,728 19,938
12/3 1,140 4,958 19,939
12/4 4,747 5,574 19,504
12/7 15,656 30,240 19,698
12/8 21,475 24,044 19,492
12/9 9,374 12,345 19,301
12/10 6,574 4,254 19,046
12/11 2,066 1,492 19,230
12/14 4,627 3,985 18,883
12/15 3,191 1,382 18,565
12/16 3,933 377 19,049
12/17 1,462 1,509 19,353
12/18 4,543 4,665 18,986

 

この間、日経平均の動きはどうだったのか?と言うと、、、、

 

12/3では、まだ19,939円だった日経平均株価は、12/4以降鰻下がりに下落をして、

12/14にはついに19,000円台を割り込み、18,883円まで下落してしまいました。

わずかこの10日間で約1,100円も日経平均が下がったわけです。

 

結局この暴落の流れは12/25の時点でも、まだ続いていると言うわけです。

 

私は、この時データを既に追いかけていたのですが、まだまだ、どの様にこの動きを読めば良い

のかを良く理解出来ていなかったため、せっかくの良いチャンスを逃してしまいました。

 

12/4の時点で、同じように「売り」を入れていればミ二1枚でも100,000円も稼げた

ことになります、ミ二1枚と言っても勝てるトレードをすれば結構な金額が稼げます。

 

ここで、外資系証券動向を追いかけて動向を読むポイントですが、多くの外資系証券会社を追い

かけるのではなく、どこか1つ大手の外資系証券に絞って動向を追いかけることが重要です。

 

その先物手口情報の大きな変化と、日経平均の動きを必ず同時に見ておきます。

出来れば為替の動向も追っておくのも良いですね。

 

現在の動向をみると、12/25には、「売り」が大幅に減って、「買い」が「売り」の2倍以上の

数字になって来ており、為替が心配ではありますが、日経平均も上昇をして来ると思われます。

 

このようにある1つの大手の外資系証券会社の手口をマークして行くことで、今後の大きな流れを

読取れる可能性が非常に高くなると言えるわけです。

 

 

日経平均リアルタイム

日経先物基礎講座

日経先物重要用語集

ソフィア2017 

ソフィア2017は、【ソフィア】自動売買ソフトシリーズの最新版で、4年以上の販売実績のある自動売買ソフトです。

〈ソフィア225〉
2013年度、+73万円の利益、
2014年は、+414万円の利益

〈ソフィア2017〉
2015年度、+766万円の利益、
2016年は、+138万円の利益

と過去4年間すべて利益を出せています。

新しくロジックを見直し、『毎月平均52万7000円のノウハウ』で『より効率良く』さらに『注文まで全て自動』で行ってくれるツールです。

⇒ソフィア2017 自動売買&サイン配信はこちら

ブログランキング

ページ上部へ戻る