乖離率からみてもそろそろ反転か?

  • 2016/1/15

乖離率と言えば、株式では超有名な株のトレードで、元手160万ほどから、資産260億以上を

築いた、通称「ジェイコム男」と呼ばれているB.N.F氏が使っているトレード手法で有名です。

 

移動平均乖離率とは、株価と移動平均線がどれだけ離れているかを示すチャートになります。

 

株価と移動平均線の習性には、

「株価と移動平均線が大きく離れると株価が反転しやすくなる」

というものがあります。

 

この習性を利用して、「買われ過ぎや、売られ過ぎを判断」しょうとするのに使われるものです。

 

移動平均乖離率は、ある数式で算出されるのですが、この数式自体を覚えても意味はないし数値

自体はネットで調べれば簡単に分かるのでここでは省きます。

 

大事なのは、この数式からはじき出される乖離率の数値の読み方です。

 

【乖離率がプラスになる場合】

⇒株価が移動平均線より上にある

これは、上昇を続けている場合に、チャートで見られるものです。

ようするに、「上昇トレンドにある状態」

 

【乖離率が0になる場合】

⇒株価と移動平均線が同じ位置にある

ようするに、「トレンド転換の境目にある状態」

 

【乖離率がマイナスになる場合】

⇒株価が移動平均線より下にある

これは、下落を続けている場合に、チャートで見られるものです。

ようするに、「下落トレンドにある状態」

 

となるわけです。

 

これをトレードにどのように利用するかなのですが、

「株価と移動平均線が大きく離れると株価が反転しやすくなる」

という習性を利用して、

 

1、「株価と移動平均線が大きくマイナス乖離したら買い」

2、「株価と移動平均線が大きくプラス乖離したら売り」

 

とするわけです。

 

ここで重要ポイントになるのは、

乖離率の数値をいくらなら、「買い」いくらなら「売り」とするかですが、

下記の数値を目安にすると確実性が高くなります。

 

移動平均乖離率が

「8%以上になると相場が目先調整局面を迎える」

「10%以上になると天井になる」
逆に、移動平均乖離率が

「-8%以下になると相場が目先反発に転じる」

「-10%以下になると底である」

 

 

もう1つのトレード手法として、移動平均乖離率が、

「プラス乖離の時、つまり株価が移動平均線より上にある時は上昇トレンド」

「マイナス乖離の時、つまりは、株価が移動平均線より下にある時は下落トレンド」

と判断することを利用して、

 

「移動平均乖離率が0%を上抜けたら買い、0%を下抜けたら売り」

 

というトレード手法を取ることが出来ます。

 

ただし、保ち合いトレンド下では、ダマシが出やすいので、同時にチャートも確認して、数値

だけを見て、買い売りを決めるのではなく、長期的なチャートも見て判断をすべきです。

 

現時点(1/14)での25日移動平均線乖離率は、-8.2%です、1/12にも-8.6%に

なっていますので、そろそろ底が見えて反転が始まって来る可能性があります。

 

私は今回想定以上の下落に見舞われたので、大きく含み損を抱えたままですが、一切損切りはして

いません、本格反転を始めれば一気に短期間で1000円近くは上昇する可能性があります。

利益はたいして出ないかもしれませんが、どうなるか楽しみです。

日経平均リアルタイム

日経先物基礎講座

日経先物重要用語集

ソフィア2017 

ソフィア2017は、【ソフィア】自動売買ソフトシリーズの最新版で、4年以上の販売実績のある自動売買ソフトです。

〈ソフィア225〉
2013年度、+73万円の利益、
2014年は、+414万円の利益

〈ソフィア2017〉
2015年度、+766万円の利益、
2016年は、+138万円の利益

と過去4年間すべて利益を出せています。

新しくロジックを見直し、『毎月平均52万7000円のノウハウ』で『より効率良く』さらに『注文まで全て自動』で行ってくれるツールです。

⇒ソフィア2017 自動売買&サイン配信はこちら

ブログランキング

ページ上部へ戻る