第4回 証券会社取引手数料比較

  • 2015/12/6

日経225先物トレードの手数料は証券会社によって違ってきます。

手数料が安いところが良いわけですが、それ以外にも大きな選択ポイントがあります。

実際にトレードを行って行く時に最も重要なポイントは「使いやすいスマフォアプリがあるか?」

どうかです。

 

仕事をしながらどこにいても時間を見つけてやるにはスマフォで売買がしやすい画面でないと

いけません、この部分は手数料よりも重要な部分なのでそこを加味して選択して下さい。

 

point証券会社選択のポイントは?

①手数料が安い

②トレードに使いやすいスマフォアプリがある

の2点です、高機能過ぎるツールは一見良いような気がしますが、高機能であればあるほど

使いこなすのが難しくなるので、高機能よりも使いやすさで選ぶべきです。

 

この2つを考えた場合に最もお勧めなのはSBI証券です、手数料と機能、使いやすさバランスが

最も良いと私は思います。

 

取引手数料比較(12/6現在) ※手数料や証拠金は変動するので最新を必ず確認して下さい。

証券会社 ラ―ジ ミニ ラージ証拠金 ミニ証拠金 ポイント
SBI 432円 43.2円 690,000円 69,000円 スマフォ取引が最強
ライブスター 270円 37.8円 828,000円 82,800円 キャンペーン期間手数料無料,最安値
カブドットコム 300円 38円 690,000円 69,000円
GMO 280円 39円 690,000円 69,000円 高機能取引ツール
マネックス 356.4円 54円 966,000円 96,600円 高度な分析機能を兼ね備えた高機能ツール
岡三オンライン 324円 43円 828,000円 82,800円 キャンペーン期間手数料半額
楽天 300円 41円 828,000円 82,800円 最も使いにくい

 

関連記事

日経平均リアルタイム

日経先物基礎講座

日経先物重要用語集

ソフィア2017 

ソフィア2017は、【ソフィア】自動売買ソフトシリーズの最新版で、4年以上の販売実績のある自動売買ソフトです。

〈ソフィア225〉
2013年度、+73万円の利益、
2014年は、+414万円の利益

〈ソフィア2017〉
2015年度、+766万円の利益、
2016年は、+138万円の利益

と過去4年間すべて利益を出せています。

新しくロジックを見直し、『毎月平均52万7000円のノウハウ』で『より効率良く』さらに『注文まで全て自動』で行ってくれるツールです。

⇒ソフィア2017 自動売買&サイン配信はこちら

ブログランキング

ページ上部へ戻る