第3回日経先物トレードの始め方

  • 2015/12/6

日経225先物の取引を始めるにはまず「証券会社の口座」がなければいけません。

証券口座を作っただけでは、「国内株式の現物取引」しか出来ないのです。

 

先物取引をするには、口座を開いた証券サイトから、さらに「先物専用口座開設」

申込をして、質問に回答するだけの簡単な審査に通らないと開設が出来ないのです。

 

審査のポイントですが、たいして大げさなものではありませんが、回答を間違えると落とされて

しまいますので注意が必要です。

 

聞かれるのは、投資歴や年収、金融資産を簡単に聞かれます。

ここで投資歴をなしにしたり、年収を低く回答すると落とされる事があります。

 

「なぜこのような仕組みにしているのか?」と言うと、、、、

 

日経225などの先物取引と株の取引では、それぞれの仕組みや取引ルールやリスクは違うわけ

です、証券会社にしてみれば、正しく理解しないままに株式以外に先物取引もやってみよう!

なんて簡単に取引してしまわないようにとしているわけです。

 

証券口座をすでに持っている人の場合には、先物オプション取引口座の開設を申込をすると直ぐ

に取引が出来るようになります。

 

point

【口座開設から取引までの流れ】

①証券会社のサイトから証券口座開設申し込

②審査(審査に通過すれば)

③口座開設のための書類が送付される

④書類を記入して証券会社に返送

⑤証券口座開設

⑥証券サイトから先物口座開設の申込

⑦簡単な問診(回答次第では落ちる)

⑧先物口座開設

⑨証券口座に入金

⑩先物口座に振替

 

point

【簡単な問診の内容】

内容は簡単ですが回答を間違えると口座が作れない場合がありますので注意が必要です。

投資経験と年収、余裕資金の部分の回答を間違えなければ通ります。

 

step2_1 証券会社に勤めていないかの確認

 

step2_2 投資の経験があるかどうかの確認

 

step2_3 資金の確認、余裕のある資金なのかどうか確認

 

step2_4  本人名義の口座かどうかの確認

 

step2_5 先物・オプション取引の仕組みやルールの確認

 

step2_6 追加証拠金に関する確認

 

関連記事

日経平均リアルタイム

日経先物基礎講座

日経先物重要用語集

ソフィア2017 

ソフィア2017は、【ソフィア】自動売買ソフトシリーズの最新版で、4年以上の販売実績のある自動売買ソフトです。

〈ソフィア225〉
2013年度、+73万円の利益、
2014年は、+414万円の利益

〈ソフィア2017〉
2015年度、+766万円の利益、
2016年は、+138万円の利益

と過去4年間すべて利益を出せています。

新しくロジックを見直し、『毎月平均52万7000円のノウハウ』で『より効率良く』さらに『注文まで全て自動』で行ってくれるツールです。

⇒ソフィア2017 自動売買&サイン配信はこちら

ブログランキング

ページ上部へ戻る